(10/6)andu amet 鮫島弘子氏&PLAS門田瑠衣子氏 モーニング・クロストーク開催のお知らせ

こんにちは、アフリカ女子部部長の下里夢美です。今回は、2018年10月6日(土)の朝行われる限定イベントについてご紹介します。

以下、イベント告知文のご紹介です。

エチオピアのシープスキン(羊革)を使用したバッグを販売するソーシャルビジネスとして、多数のメディアに取り上げられているエシカルブランドandu amet(アンドゥアメット)代表の鮫島弘子さんと、特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLASの代表門田によるモーニング・クロストークを開催します!

andu ametとPLASの共通点は、ズバリ
「アフリカを拠点に、人々の笑顔をつないでいくこと」

鮫島さんはandu amet のバッグを、門田はPLASのエイズ孤児支援を通じて、どうやって幸せな社会を作ろうとしようとしているのか。
2人がそれぞれの事業に込めている思い、それに至る立ち上げからの道のりやこれからの展開、2人が大切にしている生き方などを、【10名限定】の少人数トークセッションでお話しします。

場所は、東京・原宿の表参道に9月にオープンしたばかりのandu ametコンセプトストア。当日はスナックとエチオピアコーヒーをご用意します。

アフリカの光や風を感じる空間で、2人の話を聞きながら、人生を前向きにハッピーに過ごすためのヒントをみつけてみませんか?
皆様のご参加をお待ちしています。

<イベント詳細>

日 程:2018年10月6日(土)10:00 A.M.〜 11:30 A.M.(9:30開場)
場 所: andu ametコンセプトストア
渋谷区神宮前4-16-12青山ビル1F *表参道A2出口より徒歩7分

参加費:1000円*スナックとお飲み物をご用意いたします。

定 員:10名限定

登壇者紹介

■andu ametについて
世界最高峰のレザーと称されるエチオピアの羊革を贅沢に使用したレザーブランド、andu amet。
製品は、エチオピアの熟練職人によりハンドメイドで作られています。
アフリカの雄大な自然や色彩感覚にインスピレーションを受けたデザインと、触れた瞬間幸せになってしまうような柔らかく極上の羊革の肌触り、そして素材調達から生産、販売に至る全ての過程が透明で美しいことが特徴です。

<andu amet代表 鮫島弘子>
株式会社andu ametファウンダー・デザイナー。エチオピアやガーナでのボランティア、外資系ラグジュアリーブランドのマーケティング・クリエイティブ担当等の経験を経て、2012年株式会社andu ametを日本に、2015年atelier andu amet P.L.Cをエチオピアに設立。現在はエチオピアをベースに、アフリカ各国を飛び回る日々。

■PLASについて
特定非営利活動法人エイズ孤児支援NGO・PLAS(プラス)は、Positive Living through AIDS orphan Support(エイズ孤児を通じて前向きに生きる)という考えのもと、アフリカのHIV/エイズによって影響を受ける子どもたちが未来を切り拓くことができる社会の実現のため、2005年からケニアとウガンダで活動する国際NGO。
健康、差別、貧困など、いろいろな困難をもつエイズ孤児・エイズ孤児を抱える家族が、HIV/エイズとともに前向きに生きることができるよう、生計向上支援事業、ライフプランニング支援事業を行っています。

<PLAS代表 門田瑠衣子>
1981年熊本県生まれ。現在、5歳・2歳・1歳の3人の男の子を育てながら、特定非営利活動法人 エイズ孤児支援NGO・PLASの代表理事を務める。フィリピンの孤児院やケニア共和国で現地NGOでボランティア活動をきっかけに、大学院在学中の2005年にPLASを立ち上げる。2016年人間力大賞にて準グランプリおよび外務大臣奨励賞を受賞。国際協力NGOセンター(JANIC)理事も兼任。

 

イベントの申し込みはこちら

 

アフリカ女子部で、現在もアフリカの地で挑戦を続ける部員の皆さんにとっては、ビジネス、そしてNGOの視点から、大活躍されている大先輩方のお話しを間近で聞くことのできる、貴重な機会になるのではないでしょうか。当日、自分はいけないのでとても残念です!

ぜひ、早起きして、会場に足を運んでみてください!